総合支援法
HOME >  介護関連事業  > 【障害者総合支援法】
障害者総合支援法とは?
障害者総合支援法を利用するには
障害者福祉サービスを利用する場合、これまでは、行政がサービス内容を決定していた「措置制度」でしたが、障害者総合支援法により、障害のある方が自ら障害者福祉サービスを選択し、事業者と対等な立場に基づき、自らサービス提供者を自由に選択し、契約によってサービスを利用する制度です。

サービスを利用した場合は、市町村と利用者で費用を負担することになります。
障害者総合支援法とは、こんな制度です
支援費を利用するには
少々煩雑な手続きがあります。
チェリッシュ企画では申請に関わる事も、ご相談を受け付けております。
居宅支援サービスの種類
種類 サービス内容
居宅介護(身体介護) ホームヘルパーが家庭を訪問して、入浴、排泄、体位変換や通院時の付き添いを行います。
居宅介護(家事援助) ホームヘルパーが家庭を訪問して、調理、清掃、洗濯などを行います。
居宅介護(同行援護・行動援護) 社会参加を目的とした外出をする際に、ガイドヘルパーが付き添いをします。
重度訪問介護 ホームヘルパーが全身性障害者の家庭を見守り統合して行います。
移動支援 社会参加を目的とした外出をする際に、ガイドヘルパーが付き添いをします。
地域活動支援(デイサービス) 自宅から施設へ通い、社会適用訓練や創作的活動を行います。
短期入所(ショートステイ) 介護をしている家族が疾病等の理由で自宅で介護できなくなった時に、一時的に施設において介護を受けながら生活できます。
共同生活介護・援助
(ケアホーム・グループホーム)
一人で生活する事が不安な人が、4~7人の仲間と共同生活をおくる時に、世話人が食事の用意や身の回りの援助をします。
作業風景
  • 作業風景

  • 作業風景

  • 作業風景

  • 作業風景

  • 作業風景

トップに戻る